消費とは、費やして消す、と書きます。

私たちの暮らしは、他人がつくったものを貨幣と交換して手に入れることで成り立っています。効率もよく、楽ですが、そこには、自分たちの暮らしを、自らの知恵、創意工夫でつくりあげる喜び、感動がありません。私たちの暮らしは、私たちの手の届かないところに遠のいてしまいました。

暮らしには、衣食住が欠かせません。そして、一人の力で解決できない大きな課題はみんなで力を合わせて解決し、暮らしやすい地域をつくっていかなければなりません。

私たちはこれまで、衣食住、地域づくりを他人の手にゆだね、観客席の上から高見の見物をしてきたと言えます。誰かがつくってくれるだろう、誰かがやってくれるだろう、と。暮らしをつくる主人公(当事者)ではなく、お客様(他人事)でした。当事者を失った社会から活力などうまれようがありません。

わたしたちは考えました。
世なおしは、食なおし。

自分の暮らしを取り巻く環境に主体的に”参画”する。まずは、基本の“食”から。自分の命を支える食をつくる“ふるさと”を、一人ひとりがみつけてほしい。できるなら、その食をつくる人や海や土と、関わってほしい。自分たちの暮らしを手の届くところに取り戻すことで、自ら暮らしをつくりあげる喜びを思い出し、自然災害や経済的リスク、生活習慣病などを抱える脆弱な社会に備える。


東北には古くから、人も、海も、土も、支えあって生きる社会がありました。ほころんでいたとはいえ、まだ残っていたその支え合いの精神が、震災直後の被災地で生きる人々の命綱となりました。『東北開墾』はここから出発し、もう一度、人も、海も、土も、支えあって生きる社会を力強くめざします。

そのためにわたしたちが果たすべき使命は、食に”参画”する回路を開くことです。海や土からつくられる食が食卓へ届くまでのプロセスを共有し、生産者の思いや哲学に触れ、様々なかたちで”参画”していく。そのかたちには、知る、購入する、体験する、学ぶ、交流する、コミュニケーションをはかるなどがあります。

食に関わるおもしろさ、社会にコミットするおもしろさを実感できる独自のサービスを開発、提供します。食をつくるプロセスの一部に自ら”参画”した食材が、数ヶ月後に食卓に届くことで、断絶していた「つくる」と「たべる」をつなぎます。これまでの消費社会には、このつながりが欠落していました。そこにあるのは、単なる食とお金のやりとりだけ。

生活とは、活かして生きる、と書きます。
このつながりを回復することで、「消費者」を「生活者」に変えたい。そのためには、単に生産者がつくった食べ物だけでなく、人間の力が及ばない自然に働きかけて命の糧をうみだす生産者の生きざまそのものに価値を見出だしていく必要があります。その価値を伝える情報を生活者に届け、その価値を共有する「生産者=郷人(さとびと)」と「生活者=都人(まちびと)」で新しいふるさとを創造するプラットフォームをつくります。

断たれていた郷人と都人のつながりが回復されたとき、都市と地方はしなやかに結び合っていきます。そうして、両者が一緒になって新しいコミュニティとしての「命を支えるふるさと」、「心の拠り所となるふるさと」を創造する喜びと感動を分かち合っていく。

都市の背後に立派な地方(農山漁村)がなければ、やがて共倒れします。今、郷人も、都人も、消費社会に飲み込まれ、疲弊しています。元気を取り戻すには、「つくる」で両者がつながることです。郷人にはつくる力がなくなり、都人にはつくる喜びがない。わたしたちは、食を通じて両者を混ぜ合わせ、一人ひとりの暮らしにつくる力と感動を回復していきたい。

これまで相容れないとされてきた「競争を避ける内に閉じた『地方の共同体を重視する社会』」と「競争を促進する外に開いた『都市の個人を重視する社会』」が、食を介して混ざり合った先に、活力に満ちた新たなコミュニティ、新たなふるさとを創出し、心躍るフロンティアを開墾していきます。

東北開墾の最終的なゴールは、日本開墾です。

代表理事 高橋 博之


高橋 博之 (代表理事)

岩手県議会議員を2期務め、2011年の県知事選挙に立候補し「これからは農山漁村にこそ希望の種をまいていかなければならない」と訴えたが、次点で落選。その思いに今も変わりはない。お百姓さん、漁師さんの右腕(サポート役)として、新しい一次産業の創造に挑みたい。岩手県花巻市出身。現在は東北は勿論、日本中を飛び回る日々。

https://www.facebook.com/hiroyuki.takahashi.102  @hirobou0731


今村 久美 (理事)

2001年にNPOカタリバを設立し、全国の高校でキャリア学習プログラム「カタリ場」を約10万人の高校生に提供してきた。2011年東日本大震災を受け、全壊した大槌町(岩手)と女川町(宮城)でコラボ・スクールを立ち上げる。辺境に生まれ育った子どもたちが、その環境で育ったとを強みに変え未来の社会の原動力となれるよう、地域を生かしたプロジェクト学習を実践させる。岐阜県高山市出身。東京都在住。

http://www.katariba.net  https://www.facebook.com/kumi.imamura  @kumimamura


山内 明美 (理事)

社会学者。専攻は歴史社会学、「東北」研究。近代日本における東北地方の位置づけについて研究してきた。著書『こども東北学』(イースト・プレス)、『「東北」再生』(赤坂憲雄氏、小熊英二氏との共著、イースト・プレス)、『「辺境」からはじまる 東京/東北論』(明石書店)など。宮城県南三陸町出身。

https://www.facebook.com/go.ake.go


大塚 泰造 (理事)

起業家・投資家として13の株式会社、2つのNPO法人の設立に携わる。投資先には取締役・パートナーとして、ハンズオンでマーケティング支援を行い、企業価値の向上を目指している。得意分野はスポーツとコミュニケーション。沖縄バスケットボール株式会社 代表取締役/株式会社フラッグ 取締役/琉球食鶏株式会社 取締役等。

https://www.facebook.com/taizo.otsuka


本間 勇輝 (理事)

大手IT企業、モバイルベンチャー創業(後に売却)、2年間の世界一周旅行を経て、2011年にNPO法人HUGを設立。東北復興関係者のための業界紙「東北復興新聞」の発行や、社会変革に挑むリーダーたちのオピニオンサイト『TOMORROW』の運営を行う。内から外からニッポンを眺めながら、ぼんやり考えてきたのは「豊かさ」について。一次産業×情報でこの国の豊さ総和の最大化に挑む。著書に『ソーシャルトラベル』。東京都目黒区出身、神奈川県藤沢市在住。

http://www.rise-tohoku.jp  https://www.facebook.com/mahongu


玉利 康延 (デザイン)

一次産業や伝統産業の現場で未来を見ている方々の取材をし、記事を書き、その未来を具現化するためにグラフィックデザインをしたり、その事実を伝えるために写真を撮ったり、文章を書いたり。総合的なデザインコンサルティング業として日本各地の地域再生事業に関わる。現在は、岡山←→京都←→東京←→岩手、の範囲を行ったり来たりしている。東京都練馬区出身、在住。

http://tamalog.me  https://www.facebook.com/tamachangg  @tamachangg


ボンバー坂本 (企画・コピー)

都内の会社に勤務しながら、毎月発行される「東北食べる通信」の記事内容に目を光らせるスーパープロボノ。福島県郡山市の出身で、東日本大震災をきっかけに、寝る間を惜しんで課外活動にはげむようになった。目指すのは、都市と里が尊敬の念で結ばれた国おこし。



阿部 正幸 (事務局)

システム会社勤務を経て、2012年からNPOカタリバ「コラボ・スクール」のスタッフとして岩手県大槌町の復興に取り組む。「震災から2年。復興のために世界中から支援・人材・知恵が東北には注がれています。その中から東北から日本・世界に発信できる新しいコンセプトやコミュニティの形が生まれるのではないかと感じ。東北で住み、働くことを選びました。一緒に東北の海や山のにおいを感じ、未来の可能性に思いをはせましょう。」北海道札幌市出身。岩手県花巻市在住。

https://www.facebook.com/masayukiabemasayuki


山下 雄登 (現地コーディネーター)

船上カメラマン。大学卒業後、花巻へ移住。個人的なミッションは、身体性のある言葉を培うこと。佐賀県佐賀市出身。


https://www.facebook.com/yuto.yamashita


加藤 翼 (現地コーディネーター)

京都大学を休学し、東北で1年間の丁稚奉公を志願。一次産業の現場で、頭だけでなく身体で感じる世界を取り戻そうとする。「人を悩ませるのは人だが、人を幸せにするのも人」だと信じ、煩わしい人間関係から逃げない人生・世の中にしたいと願う。長野県長野市出身。

https://www.facebook.com/profile.php?id=100005493421983




 
お問い合わせ トップページへ戻る
copyright(C)2016 tohoku-kaikon All rights reserved.